運気の変わり目によくある体調不良の謎に迫る

潜在的能力と身体のパフォーマンスを
あげるためのサポートをしています。

南風向(なんふうか)南谷 智江です。

 

鹿児島の今年の冬はなんとも言えない
暖かい冬でした。

いつもより、お鍋の回数が少なかったように
感じたのは気のせいでしょうか?

暦上では、啓蟄が過ぎていよいよ
土の中に眠っていた虫たちも稼働し始めよう
としています。

『さぁー、これから動くぞー』

と、思っていてもなんだか身体がだるいなー
やる気が起きないなどなど

様々な要因で、いざ出陣が難しいと感じた
ことはないでしょうか?

 

運気の変わり目に必要なメッセージ

この、やる気のなさと身体が言うことを
聴かない原因には、冷たい物を取り過ぎた夏、
秋から冬にかけての食べ過ぎに関係している
ことも少なくはありません。

味の味覚ともいわれる秋の食べ物は
美味しすぎて、ついつい食べ過ぎて
しまっていませんでしたか?

身体に必要な栄養を欲しがる冬は
寒さをしのぐためにも、ついつい
食べ過ぎてしまいます。

いやー、わかっちゃいるんだけど
お口が勝手に・・・・。

言いたい気持ちは、痛いほどわかります。

よく、5月病と聞いた事があると
思います
この時期のものも、5月だから
やる気が起きないわけでは
ないんですよ。

身体に、関して言えば急に
ここが悪くなったということは
ほとんどありません。

長年の、不摂生の仕業です。

もし、今ほんの少しでも体調不良の
メッセージを受けっとって
いるのであれば、素直にメッセージを
受け取ってみてはどうでしょうか?

その中で、今の自分に出来ることを
考えてみて欲しいです。

食欲の問題と、精神的な問題は
常に隣り合わせの関係です。

その他、家族、夫婦問題、子育て等の
悩みごと、気分で左右される場合もあります。

 

その、代表的なものがストレスです。

まずは、心の内側と対話を楽しむこと!!
これが出来るようになると、ストレスで
暴飲暴食をなくすことが出来るんです。

ストレスについては又次回の記事に
まとめますね。

じゃあ、そのメッセージに対して、
何をどうやったら大丈夫なの?

と思われている方のために
お伝えしますね。

それは、意外に簡単な事だった。

・自分の家族・身体にありがとうの言葉
・小さいことをコツコツと積み上げている
・人の言うことを素直に聞いてやってみる
・自ら行動してみる
・人のせいにしない
・自然と触れ合う

 

こんなことで、体調不良が良くなるんですか?

と、思われるかもしれませんが

ナポレオン・ヒルの名言の中にも
あるように

もし、偉大な事が出来ないのならば
小さなことを偉大なやり方でやりなさい。

どういうことかと言うと、身体の不調も
心の病も全ては自分の行いの
中にある!!

と言うことです

自分の家族・身体にありがとうの言葉

自分を育ててくれた両親・この身を選んで
産まれて来てくれた子どたち・

そして、いつも一所懸命頑張ってくれている身体

心の底から、今ある現状にありがとうを伝える。

小さいことをコツコツと積み上げてみる

今、面倒くさいと思ってやっていないことは
ないですか?
何かを、継続することで大きな実績に
繋がります。

人の言うことを素直に聞いてやってみる

人生経験を積んで来た方たちは、だてに年を
重ねて来たわけではありません。
何も、年齢的に年を重ねた人だけが
人生経験を積んでいるわけだはなく
あらゆる経験と実績を重ねた人の奥には
それなりの格言があります。

これは、良いよ!!
と言うことを素直に聞いて実践されている方たち
は、好天的な人生に出会っています。
そして何より、体調不良とは無縁です。

自ら行動してみる

依存心の強いひとの中には、誰かが
やってくれる!
という想いがあります。

これを、やったら良いのはわかるけど・・・。
言い訳をする自分がいたとするなら
まず、自ら行動してみてください。

人のせいにしない

↑に書いたことと、かぶりますが
依存・言い訳の中にこの
人のせいにしてしまうという
共通点が出てきます。

いつまでも、人のせいにするのは
もうやめませんか?

自然と触れ合う

生きとし生けるものと共存して生きてみる。
それは、自然からの贈り物としてとらえられるかどうか?
耳を澄ませば風の音、鳥のさえずり、海の音
そんな大自然の中に身をゆだねてみる時間を
取ることで、本来持っている自分の心を
取り戻せるでしょう。

心と身体は繋がっています。

私が、なぜこのような事を伝えているかと
言うと全て私自身が身体の不調や
人への依存心、そして言い訳をして
人(家族・兄妹・人さま)のせいに
するなどを経験しているからこそです。

目が覚めると、不快感、片頭痛、
それに合わせて腰痛。。。。。

寝ても、スッキリしない

何をやっても、面白くない・・・。

そんな、暗黒の時代の体調不良がまさに
20代後半まで続きました。

年令を重ねるごとに、嘘のように
身体が軽やかに動けるようになった
ことで、嘘のように身体に不調は
ありません。
それは、↑に書いた6つのことを
試行錯誤しながらやったからです。

コロナの問題も、きっとこれからの人生に
於いての歴史的に残る問題として
問われてきているように感じます。

私たちの意識
1人1人の意識を
変えることで、大きな問題にはならないと
思っています。

『運気の変わり目によくある体調不良の謎に迫る』

こんな時こそ、変われる絶好のチャンスです。

 

南風向では、人生の基盤を作る土台の部分を根っこから
改善するサポートをしています。

>>南風向のメニューはこちら

 

Categories :